介護福祉士の試験内容

介護福祉士の試験内容

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の試験内容

介護福祉士の試験内容は、筆記試験と実技試験に分かれています。

 

筆記試験に合格した人のみ、実技試験を受けることが出来ます。

 

筆記試験には、以下の13科目からの出題になります。

 

・社会福祉概論・老人福祉論・障害者福祉論・リハビリテーション論・社会福祉援助技術・レクリエーション活動援助法・老人・障害者の心理・家政学概論・医学一般・精神保健・介護概論・介護技術及び形態別介護技術

 

試験内容は、各設問、選択方式になっています。

 

60%以上の正解率が合否を分けることになりますが、どれか1科目でも全て不正解があった場合は、不合格になるとも言われています。

 

どの科目から出題されても困ることのないよう対策を練る必要があります。

 

実技試験は、実際の現場での介護方法になります。

 

どのような内容なのかは、予測不可能です。様々な場面を想定して勉強をしなくてはいけません。

 

実務経験者は、実際に普段行っている介護が出題されたからと言って、有利になる訳ではありません。

 

自分自身で結果に手応えを感じていたのに、落ちてしまう人もいます。

 

逆に、失敗をしてしまった自信のない人が合格することもあります。

 

合否の基準がハッキリと分からないのが実技試験です。

 

例え、試験本番で1箇所、あるいは数箇所間違えてしまっても、最後まで諦めないで試験に挑む姿勢が大切です。

 

介護福祉士の試験に合格するのは、簡単ではありません。

 

十分な勉強と試験対策をする必要があります。

 

先輩介護福祉士に、試験についてのアドバイスをもらうのも1つの方法です。

 

試験途中で間違いに気付いても、すぐに立ち直り、進んでいく姿勢が合否を分けることもあります。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略