介護福祉士試験の合格率の分析

介護福祉士試験の合格率の分析

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士試験の合格率の分析

介護福祉士の合格率は、40%?50%というデータがあります。

 

近年では、50%前後になっています。

 

筆記試験での合格の基準は、60%以上の正解率とされています。

 

出題は、13科目からになります。

 

60%以上の正解をしていても、1科目でも全問不正解があると、不合格になります。

 

筆記試験を合格した人は、実技試験を受験します。

 

実技試験は免除される人もいますので、全員が受験する訳ではありません。

 

実技試験の合格基準も60%以上の正解、とされています。

 

12の得点群があり、そのうちの1群で無得点があった場合は、60%を以上の正解があったとしても不合格になります。

 

しかし、どこでどれだけの点数が引かれているかの判断が難しく、試験対策を行う学校でも合否の判断が難しいとされています。

 

受験者の割合は、30代?40代が一番多く、合格率は25%以上となっており、他の年代よりも合格率は高くなっています。

 

受験者全体では、女性が多いのも特徴になります。

 

合格発表は、厚生労働省及び財団法人社会福祉振興・試験センターに掲示されます。インターネットでの合否確認も可能です。

 

介護福祉士の合格率は、他の国家試験と比べ高い割合になっています。

 

同じ時期に国家資格となった社会福祉士は、合格率が30%前後となっています。

 

介護福祉士を志願する人は多くなっており、現在では受験者は10万人を超えています。

 

介護の質の向上が求められていることから、試験内容が難しくなる可能性もあり、今後の試験合格の基準の動向が注目を集めています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略