介護福祉士になるための学校

介護福祉士になるための学校

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士になるための学校

介護福祉士になるためには、専門的な知識を身につける事ができる学校に通う方法があります。

 

基本的には、高校で勉強した程度の学力があり、厚生労働省が指定している学校に通うことで介護福祉士になるための履修科目を取得することができます。

 

2年以上介護福祉士のための勉強ができる専門学校や短大または大学を卒業するという方法があります。

 

他にも、福祉関係の大学で必要な科目を履修し、そして1年以上介護福祉士の学校に通う方法も良いでしょう。

 

また、高校卒業程度の学力が必要であるのが基本となってはいますが、仮に高校を中退された方や高校に通っていないという方でも介護福祉士のための学校に通う事ができる場合もあります。

 

高校卒業程度の学力があると見なされれば、たとえ高校に通っていなくても入学することはできるのです。

 

専門学校や短大、大学の試験を受け合格すれば良いわけですから、高校に通っていなくても問題はありません。

 

「程度」というのがポイントですから、その点は間違えないようにしましょう。

 

そして、介護を勉強するための学校は一般的に昼間開校している事が多い傾向にあります。

 

ですが、夜間の学校なども全国的に広がってきていますから、通える範囲で探してみると良いかも知れません。
ただし、女子短大などに男性は入学することはできませんので、男性の場合は門が狭くなってしまう可能性も否定できません。

 

以前に比べれば、格段に通いやすくなってきていますので自分自身で調べてみると良いでしょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略