介護福祉士のカリキュラム

介護福祉士のカリキュラム

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士のカリキュラム

介護や福祉の世界が注目されてくる時代となった今、人材の確保や介護という者の質自体を上げるために新たなカリキュラムが作られています。

 

2012年の介護福祉士の試験から新しいカリキュラムからの問題が出題されることになっていますので、今から対策を講じていくことが大切です。

 

新たなカリキュラムとなることで5割程度の合格率が低くなる可能性も考えられますので、試験に合格するためにしっかりと勉強をしていきましょう。

 

介護というものに深く携わる事になる介護福祉士ですから、介護に必要だとされている介護に関する周辺知識や介護者それぞれの生活を支えていくための知識などを習得していく必要があります。

 

たとえば、2年制の福祉系の学校に通った場合、人間と社会という分野では240時間以上の学習時間があり、介護においては1260時間となっています。

 

また、こころとからだのしくみにおいては300時間となっていますので、合計して1800時間の時間数の割り当てがされることになるでしょう。

 

ちなみに、介護福祉士の試験では総問題数は新カリキュラムになっても120問となっており、出題される問題数に変更はありません。

 

また、試験科目については現段階で11科目とされていますが、2012年までの試験までに変更となる可能性もありますので定期的にチェックをしていくことをお勧めします。

 

新たに設けられた出題基準を調べるなどして、介護福祉士の試験に合格できるようしっかりと学習をしていきましょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略