介護福祉士になるためのルート

介護福祉士になるためのルート

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士になるためのルート

介護福祉士になるためには大きく分けて3種類のルートがあります。

 

この資格を目指す場合にはどのルートが適しているのか、もっとも近道なのかを把握しておく必要があるのです。

 

まず3年以上の実務経験を経た上で国家試験に合格するルート。

 

もっとも多いケースです。

 

注意が必要なのは3年以上に加え1095日以上の従業期間と540日以上の従事日数が求められる点。

 

従事日数とは休日や研修期間を省いた日数のことで、雇用環境によっては3年以上の条件をクリアしていてもこちらを満たしていない場合があるのです。

 

もうひとつは高校などで福祉に関する所定の科目を修了したうえで国家試験に合格するケース。

 

このルートでは所定の単位数を満たしている必要があり、平成21年度以降に入学した場合には33単位を取得している場合はプラス9ヵ月以上の実務経験が必要で、52単位を取得している場合にはそのまま試験を受けることが可能です。

 

それから所定の養成施設を卒業して資格を取得するルート。

 

このルートの最大の特徴は養成施設を修了・卒業すれば試験を受けることなく介護福祉士の資格を得ることができる点にあります。

 

このルートでは高校卒業語すぐに介護福祉士養成施設に入るケースや、福祉系大学や社会福祉士養成施設などを経たうえで介護福祉士養成施設に入るケースなどがあります。

 

それによって介護福祉士養成施設に学ぶ期間か異なってきます。

 

ルートによって資格を取得するまでの過程がかなり異なってきますから、よく把握した上で決定するようにしましょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略