介護福祉士の養成施設

介護福祉士の養成施設

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の養成施設

介護福祉士になるためには試験に合格するか、養成施設を修了するかの2つの選択肢があります。

 

試験に関しては全員同じ試験を受けて合格を目指すことになりますが、養成施設はその人の置かれた状況によって通う期間が異なってきます。

 

介護福祉士の養成施設については大きくわけて3種類のルートがあります。

 

まず専門の養成施設・課程を2年以上履修して修了すること。

 

これには専門学校のほか介護福祉課程がある大学や短期大学も含まれます。

 

もっとも一般的なタイプといってよいでしょう。

 

大学以外は通常2年、夜間の施設もありますが、その場合には3年以上の通学期間が求められます。

 

専門学校ごとのカリキュラムの内容によって2年か3年かが異なっています。

 

それから社会福祉士の養成施設を修了している場合。

 

社会福祉士と介護福祉士の両方を取得しようと考えている人も多く、このルートも重要です。

 

この場合には社会福祉士の養成施設を卒業した後に1年間の介護福祉士の養成施設に通い修了する必要があります。

 

もうひとつが保育士の養成施設を卒業している場合。

 

この場合も介護福祉士の養成施設で1年間学んで修了する必要があります。

 

なお、試験によって保育士の資格を取得している場合には2年以上の養成施設に通う必要があります。

 

なお、これらの養成施設に入学するためには高卒、もしくは高卒認定試験に合格している必要があります。

 

このように、養成施設はその人の置かれた状況によって通う状況が異なってきます。

 

養成施設での資格取得を目指す場合には自分がどのケースに当てはまるのか、相応しいのかをよく考えて判断するようにしましょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略