介護福祉士の受験資格

介護福祉士の受験資格

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の受験資格

2011年現在の介護福祉士の受験資格は、次のように定められています。

 

“実務経験が3年以上、又は福祉系の高等学校卒業者”

 

実務経験が3年以上と言っても、細かな規定があります。

 

従業期間は1095日以上、従事日数は540日以上です。

 

従業期間には、休日や有給などの休みを取った期間も含まれますが、従事日数は、実際に介護職を行った日数になります。

 

介護職についての研修に出席した場合であっても、その日は従業日数に含まれません。これらの条件は、受験の申し込み時に満たしていなくても、筆記試験時までに満たされていれば、受験可能となります。介護を行う施設なら、どこでも良いわけではありません。受験資格が与えられる機関は決まっています。

 

・社会福祉士施設

 

・病院の病棟、診療所での業務が介護

 

・高齢者・障害児・障害者と対象とした介護サービスを提供している施設

 

実務経験を得て、介護福祉士の受験を考えている人は、受験の規定に満たす機関であるかを、働く前に確認しておきましょう。

 

福祉系の高等学校卒業者というのは、受験基準となる科目の単位を修めている人を言います。

 

また、大学にて福祉科等の学科に在籍し、単位を修めた人も、学校卒業者になります。大学にて単位を修めている人は、受験の必要なく資格を取得出来る学校もあります。

 

在籍している大学によって、資格の取得方法が異なりますので、大学での勉強を考えている人は、単位取得時に資格が取得出来るか否か、その後、どうような進路を選べば良いのかを調べておきましょう。

 

受験申込時に卒業していなくてはいけない訳ではなく、卒業見込み者も含まれます。

 

上記の受験資格が適用されるのは、2012年1月の国家試験までです。

 

それ以降の受験資格には、2012年の資格制度改正により、変更点があります。現段階で、介護福祉士の資格を取得する為に、現在の基準に満たすよう実務経験と勉強を重ねてきた人にとっては、最後のチャンスになる人も出てきます。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略