介護福祉士になる為には?学校への進学

介護福祉士になる為には?学校への進学

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士になる為には〜学校への進学

介護福祉士になる為の近道として、学校で介護福祉士になる為の定められた単位を取得する、という方法があります。

 

学校は、高等学校、専門学校、短期大学、大学、とあります。それぞれの学校によって、名称は異なりますが、多くの場合“○○学部福祉科”といった学部学科になります。

 

高等学校にて福祉系の単位を取得した人は、国家試験の受験資格を得ることが出来ます。

 

そして、国家試験に合格して、介護福祉士になることになります。

 

専門学校、短期大学、大学にて単位を取得した人は、在籍している学校によって、介護福祉士の資格取得方法は変わってきます。

 

単位を修めることによって、資格を取得出来る学校と、必要な単位を修め、卒業後、養成施設に進学し、1年間学ぶことによって資格を取得出来る学校があります。

 

また、保育士の資格を取得している人も、1年間の養成施設に進学することにより、資格を取得することが出来ます。

 

養成施設とは、短大や専門学校といった学校を言います。

 

実務経験を重ねての受験は、仕事と勉強の両立で厳しい思いをしている人もたくさんいます。

 

中学卒業時、又は高校卒業時に、介護の道に進むことを決めている人は、学校に進学し、資格を取得する道を選ぶのが近道になります。

 

この資格取得方法は、2011年現在のものです。2012年の改正によって、国家試験を受験しなければ資格を取得出来なくなります。

 

国家試験に落ちてしまった、又は受験しなかった場合は、准介護福祉士となることが予定されています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略