介護福祉士養成施設(養成学校)とは

介護福祉士養成施設(養成学校)とは

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士養成施設(養成学校)とは

介護福祉士養成施設とは、厚生労働大臣により指定された学校のことを言います。

 

養成施設と呼ばれることも多いですが、養成施設とは法律用語になります。

 

入学資格は、高校卒業以上となっています。

 

最終学歴が中学卒業、となっている人は、高等学校卒業程度認定試験(旧:大検)を取得する必要があります。

 

特別な学校という訳ではなく、よく知られている大学なども存在します。

 

1年制、2(3)年制、4年制とあり、それぞれ入学基準が異なります。

 

卒業後は、国家試験を受験する必要はなく、介護福祉士として認定されます。

 

養成施設には、夜間部が存在し(3年制以上)、働きながら通っている人もいます。

 

介護福祉士になる為の技術も勉強する為、通信制はありません。

 

原則として、転校は認められません。(過去に認められたのは、自然災害による被災者が転校を認められました)

 

学校になりますので、学費はかかります。

 

学費はそれぞれの学校により異なりますが、奨学金制度が利用できます。日本学校支援機構奨学金、民間の育英団体、学校独自の奨学金制度、地方公共団体の奨学金が主となっていますが、他にも奨学金制度は存在します。

 

奨学金を返済していく制度や返済の必要がない制度など、特徴も違いますし、対象者の幅も違います。奨学金制度を考えている人は、事前に調べることが大切です。

 

平成9年から、学校卒業時に『卒業時共通試験』が実施されています。

 

現在は、国家試験の受験なしで介護福祉士として認定されますが、2012年度の改正後は、国家試験を受験し、合格して介護福祉士として認定されることとなっています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略