今後の介護人材養成の在り方について

今後の介護人材養成の在り方について

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

今後の介護人材養成の在り方について

平成23年4月5日に国会提出された「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案」では、介護人材の養成体系の整理を目指すと同時に、「利用者に対する質の高いサービスの提供」と「介護人材の確保」という二つの目的を両立させていく観点から、介護職員に占める介護福祉士の割合の目安を、当面5割以上として提示することを掲げています。

 

「実務者研修のイメージ」としては、介護福祉士養成施設(2年以上の養成課程)における到達目標と同等の水準として「幅広い利用者に対する基本的な介護提供能力の修得」と、「今後の制度改正や新たな課題・技術・知見を自ら把握できる能力の獲得を期待」という2点が到達目標として設定され、そのために、実務研修450時間と並行して、研修の読替を可能とする仕組みと、受講しやすい環境の整備が求められています。

 

読替の仕組みとしては、過去に受講したヘルパー2級研修や認知症研修を読替て、実務者研修の一部免除や、社協や事業者団体等の研修も、要件を満たせば読替可能にしていくことなどが検討されています。

 

こうした検討の背景としては、平成21年度の高齢化率=22.8%という高い数値と、世帯総数4,801万世帯のうち約4割(2,013万)に高齢者がおり、その半数以上は単独・夫婦のみ(計1,062万) という統計結果があります。

 

平成20年時点で、介護職員は128.0万人、うち介護福祉士は40.6万人です。社会保障国民会議推計によれば、平成37年には212〜255万人の介護職員が必要となっており、早期の人材対策が急務となっているのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略