介護福祉士の試験でのさまざまな注意事項

介護福祉士の試験でのさまざまな注意事項

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の試験でのさまざまな注意事項

介護福祉試験に限った事ではありませんが、介護福祉試験が行われる会場などによっては携帯電話等の持ち込みがされていると判断された場合は、受験資格がなくなってしまいますので注意が必要となってきます。

 

また、試験会場によっては最寄りに食堂がなかったりすることもありますので、事前にお弁当などを持参するよう求められることもあります。

 

遠方から試験会場へ行く際は、最寄りに食堂や食べる場所などがあるかどうか確認をすると良いでしょう。

 

また、原則として試験会場では電話で受験者を呼び出す事はできないことになっています。(が、緊急事態と判断された場合はこれに限りません。)

 

そして、試験会場によっては駐車場などが少なく車を止めるスペースがない事もあります。

 

ですので、できるだけ公共の交通機関を使って会場に行くようにしましょう。

 

前もって会場の場所などを調べておき、どういったルートで行くのが良いのか調べておく事をお勧めします。

 

そして、介護福祉士の試験が終わると、インターネット上に試験で出題された問題の解答の速報などが掲載されることも少なくありません。

 

自分での答え合わせを兼ねてチェックしてみると良いでしょう。

 

しかし、自分で答え合わせをした際に不合格ラインであったとしても、合格発表がされてみないことにはわかりません。

 

情報を公開しているサイトのほとんどは独自の判断によって行っている傾向にあります。

 

大いに利用したいところですが、実際のところは参考程度に留めておくのが良いのかもしれません。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略