介護福祉士の実技試験について

介護福祉士の実技試験について

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の実技試験について

筆記試験と実技試験の2種類に分かれている介護福祉士試験。筆記試験に関しては参考書や過去問などで日ごろから対策していくことが可能なのですが、実技試験は対策が難しいと感じている人が多いようです。

 

現在の試験制度では介護技術講習を修了することで実技試験を免除してもらうことも可能となっていますが、そうでない場合にはどのような試験が行われるのかあらかじめ把握しておく必要があります。

 

試験日は3月上旬。1月下旬に行われる筆記試験とは1ヶ月以上の間があります。

 

この時期に実技試験の対策を集中的に行う方法もあるでしょう。

 

試験時間は5分以内。それほど長い時間をかけて行うわけではありません。

 

では具体的にどのような内容になっているのでしょうか。

 

過去の試験内容では具体的なシチュエーションが設定されており、それに相応しい行動をとることができるかどうかが問われています。

 

たとえば体の一部に麻痺があり介護が必要とする人に対する接し方など。ベッドに横たわっている要介護者の姿勢を変えたり、移動させるといった内容です。

 

合格基準は総得点の60%程度。

 

実技試験の場合、どれだけ落ち着いて行うことができるかが最大のポイントとなるでしょう。

 

介護福祉士試験を受ける人はある程度の実務経験を積んでいる人ですから、試験内容そのものはそれほど難しいものではないかもしれません。
それだけに試験官に見られている状況下で緊張・混乱せずに相応しい選択ができるかどうかが鍵を握ることになるでしょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略