実技試験の免除について

実技試験の免除について

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

実技試験の免除について

2005年度以降、介護福祉士試験では実技試験の免除制度が導入されました。

 

これは介護技術講習という特別な講習を受講・修了することで実技試験の代わりとするもので、試験の申込みを行う際にあらかじめ実技試験を受けるか、講習を受けるかの選択を行うことになっています。

 

この介護技術講習は介護福祉士の養成施設など、厚生労働大臣に認定された施設で行われています。

 

ポイントとなるのは試験を申し込む際に講習を受けるかどうかを判断する一方で、講習の申込みはそれぞれの施設に直接行う必要がある点です。

 

そのため事前にどこで、いつ講習が実施されているかを確認しておく必要があるのです。

 

日時だけでなく受講料も施設によって異なってくるため事前の情報収集が非常に重要になってきます。

 

受験を申し込む際にすでに講習を修了していた場合には「介護技術講習修了証明書」を提出することになります。

 

修了していない場合には「介護技術講習受講決定通知書」という受講を証明する書類を提出する必要があります。

 

その後、修了した後を証明書を別に提出することになります。

 

なお、この介護技術講習を修了した場合、その後3回まで介護福祉士試験の実技試験の免除を受けることができます。

 

つまり3度目のチャレンジまでに筆記試験に合格することができれば実技試験を受けなくても資格を得ることができるのです。

 

実技試験はどのように勉強すればよいのかわからない、試験場では緊張してうまくできるか自信がない。

 

そんな人にお薦めの制度といえるのではないでしょうか。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略