介護福祉士試験の出題傾向

介護福祉士試験の出題傾向

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士試験の出題傾向

介護福祉士試験の最大のポイントとなるのが筆記試験。

 

全13科目の試験において最低60%以上の得点が求められます。ではそれぞれの科目ではどのような出題傾向が見られるのでしょうか。

 

まず「社会福祉概論」。

 

これは社会福祉の歴史や関連法規に関する出題が行われ、現在の社会の世相なども反映されるのがポイントです。

 

それから「老人福祉論」。

 

こちらは現在の介護保険制度や介護を巡る問題、現在の高齢者の日常生活に関する内容が多く問われる傾向があります。

 

「障害者福祉論」は広範囲の出題が大きな特徴となっています。

 

障害者福祉の基本知識、福祉サービスの状況など。幅広く正確な知識が求められる傾向が見られるため、暗記が重要なポイントとなってくるでしょう。

 

「リハビリテーション論」で高齢者や障害者など状況にあわせたリハビリテーションに関する知識を幅広く出題されています。

 

その分基本的な知識を問うものが多く、広い知識が求められるでしょう。「社会福祉援助技術」は対策が難しい試験と言われており、試験ごとに出題内容が異なってきます。

 

「レクリエーション活動援助法」は比較的取り組みやすい科目と言われており、レクリエーションに関わる基本的な知識が問われています。

 

「老人・障害者の心理」では認知症はもちろん、視覚障害者、先天性聴覚障害者、精神障害者などさまざまな障害に関する知識のほか、障害者を巡る社会環境についての出題も増えています。

 

「家政学概論」では食生活にら関する問題が多く、基本的な知識を問われるケースが多いのが特徴です。

 

こういった出題傾向を踏まえつつ、介護福祉士試験の適切な対策を行っていくとよいのではないでしょうか。

 

介護福祉士に90%合格する勉強方法:http://www.kaigofukusisi.com

 

 

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック