介護福祉士の心構え

介護福祉士の心構え

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の心構え

介護福祉士は介護の現場で、要介護者と直接向き合いながら仕事を行っていくことになります。

 

介護には幅広い知識と技術が求められますが、単に与えられた仕事を淡々とこなせばよいというわけではありません。

 

相手は人格を持った人間です。

 

介護する側が最適と考えたサービスが相手にとって苦痛や憤りをもたらす、というケースも考えられるのです。それだけに介護福祉士は知識・技術だけでなく相応しい心構えを持った上で仕事に臨む必要があるのです。

 

では介護福祉士にはどのような心構えが必要になるのでしょうか。

 

最大のポイントとなるのは介護を行う人の尊厳を重視すること。

 

一方的にサービスを押し付けるのは問題外ですが、相手を「かわいそうな人」など哀れみを持って接するのも厳禁となります。

 

要介護者もこちらと変わらぬ一人の人間、自立し、意志やプライバシーを尊重される存在として扱わなければなりません。

 

そのためには相手と信頼関係を築くことが大事です。

 

相手の意思を尊重し対等な関係を築くことによって意志の疎通がスムーズになります。

 

より適切なサービスを行うためには要介護者が遠慮なく理想や要望を言ってくれる環境も求められるのです。

 

こちらが一方的にサービスするだけでは不十分です。

 

本人が必要なサービスを決定するよう促すことも大事です。要介護者が楽になるサービスではなく、最低限のことは本人が行い、それを支えカバーするのが介護福祉士の役割。何でもやる、のではなく、相手に意志決定と行動を促すのも大事な役目となるのです。

 

こうした心構えをしっかり踏まえたうえではじめて一人前の介護福祉士になれるといってよいでしょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略