介護福祉士に必要な能力

介護福祉士に必要な能力

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士に必要な能力

介護福祉士として介護業務に従事するためには一定の知識・スキルが必要となります。

 

これらは資格試験の際に問われることになりますが、そういった基本的なスキルとは別のところで求められる能力もあります。

 

入浴・排泄・食事などをスムーズに行うためのスキルは不可欠なものですが、要介護者が心地よく、満足してサービスを受けるための心配りが必要になるからです。

 

介護福祉士に必要な能力の筆頭に挙げられるのがコミュニケーション能力です。

 

介護の世界ではサービスを一方的に提供するだけでは不十分ですし、問題を起こすこともあります。

 

あくまで主体は相手、本人ができることはできる限り本人にやらせ、足りない部分を補うのが介護福祉士の仕事なのです。

 

また本人の意思や尊厳を尊重したうえでサービス内容の取捨選択も必要となります。

 

そのためには要介護者と信頼関係を築かなければなりません。

 

よかれと思って行っていたサービスが相手の負担になっていた。そんな状況にならないためには相手が理想や希望、あるいは不安を遠慮なくいえる関係を築いておくことが大前提となるわけです。

 

介護を行う際だけでなく、できる限り幅広い場面でコミュニケーションをとることが求められます。

 

それから想像力。向上心といってもよいかもしれません。

 

介護サービスはいつも同じ内容を滞りなく行えばよいというわけではありません。

 

相手の健康状態、精神状態に合わせて内容を変化させなければならないのです。それを察する能力も求められます。

 

またよりよいサービス、ケアを見つけ出すための創意工夫も求められます。

 

こういった能力は試験で判定するのは難しく、また現場での経験で身につけていくものだけに重要な意味を持っているのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略