介護福祉士に求められること

介護福祉士に求められること

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士に求められること

介護福祉士は要介護者が求めるサービスを過不足なく行うのが仕事となります。

 

しかしこの「過不足なく」というのが非常に難しい問題となっています。

 

要介護者ひとりひとりの健康状態や障害の度合いが異なってきますし、要望や希望も違ってくるからです。

 

介護業界の問題として、統一したサービスの基準が設けられていない点が挙げられます。

 

設けることができないといった方がよいでしょうか。

 

そのため介護を受ける側としては介護福祉士によってサービスの内容が異なると感じてしまい、介護を行う側としてはどこまでやるべきかの判断が迫られるのです。

 

介護福祉士の仕事の基本は自立支援にあります。つまり要介護者ができないことをすべてやってしまうのではなく、あくまでできる範囲のことは本人にやってもらい、必要に応じてフォローするのが最大のポイントとなるのです。

 

また、自立を促すことも重要です。

 

介護サービスに慣れてしまい自分でできることもしなくなってしまうケースも少なくありません。

 

そんな場合にはあえて厳しく接して自立を促すことも必要になってくるのです。

 

介護福祉士は相手の希望を尊重する姿勢が不可欠ですが、何でも要望に応えるわけにもいかないのです。

 

介護福祉士に求められるのは「どこまでやるか」の線引きにあります。

 

優れた介護福祉士の育成が重要視されているのもこの点にあります。

 

知識や技術を超えた能力、ビジネスを超えた要介護者との信頼関係が求められるのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略