介護福祉士の具体的な仕事

介護福祉士の具体的な仕事

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の具体的な仕事

介護福祉士の仕事は、主にケアワークとなります。ケアワーカーと呼ばれている方々が介護福祉士と言ってもいいかもしれません。

 

ケアワークは、介護が必要な方のために様々な援助をすることがメインです。

 

つまり、「お手伝い」「サポート」といったところでしょう。

 

援助といっても、専門的な知識がないとできない事が多いため、介護福祉士は国家資格となっているのです。

 

たとえば、介護を必要とされている方が困っている時に手を貸してあげたり、洗濯や掃除といった身の回りの世話、時には介護に関係のない相談や助言、そして介護者の心のケアなども行う事があります。

 

また、介護福祉士としていろいろな職場で働くこともあるでしょう。

 

たとえば、有料老人ホームであったりデイサービスであったりとそれぞれ異なる業務もある場所で介護福祉士は仕事をする事になります。

 

有料老人ホームの場合、24時間体制で管理・援助をしなくてはいけなくなるため、夜勤などが発生することもあります。

 

デイサービスの場合は、送迎なども行わなくてはいけない事もあるでしょう。

 

業務とは関係のないことも介護を必要としている方が気持ちよく生活できるようサポートしていくのも介護福祉士の仕事の一つとなっています。

 

このように、専門的な知識が必要でもありながらその他の部分においてもケアしていくことになります。

 

介護福祉士の仕事は決して楽ではありません。ですが、やりがいのある仕事であることには間違いはありません。

 

ですから、やるからには最後まで全うする覚悟で資格の取得を目指しましょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略