介護福祉士の主な仕事(入浴介助)

介護福祉士の主な仕事(入浴介助)

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の主な仕事(入浴介助)

介護福祉士の方の主な仕事として挙げられるのが入浴介助です。

 

入浴介助というのは、一人で入浴ができない方のために手を貸すことで入浴をしてもらうものです。

 

障害者はもちろん高齢者の方でも一人での入浴が危険であると判断される時や体が思うように動かない方のために介護福祉士が入浴の介助を行います。

 

入浴介助といってもなるべく一人でできる方の場合は近くに付き添うだけの時もあれば、逆に寝たきりの方の場合はなるべく負担を少なくするための入浴器などを利用することがほとんどです。

 

入浴介助と言っても、子供をお風呂に入れるのとは違いますが、どちらかといえば乳児をお風呂に入れる際と似ているかもしれません。

 

空腹を避ける、トイレに予め連れて行くなど必要なことをしておきます。

 

また、お湯の温度は高からず温からずが目安です。季節によって脱衣場や浴槽、浴室などを温めておく事も忘れてはいけません。

 

これは、家庭での入浴の際にも言えることです。温度差が高いと心臓の負担、体への負担が大きくなってしまうからです。

 

入浴介助の方法は、ある程度学校に通っている時に習う事ができます。

 

実際に同級生同士で入浴介助をやってみたり大人の重さくらいある人形を使って入浴介助の練習をしていきます。

 

この時注意点や基本的な部分はしっかりと確認し頭に入れておく事が大切です。

 

介護福祉士には入浴介助という仕事は必ず付いて回ってきます。

 

また、着替えや衣服の脱着などの介助も行う事が多いですので、着替えさせる際の注意点などもしっかりと覚えておきましょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略