介護福祉士の主な仕事(食事の介助)

介護福祉士の主な仕事(食事の介助)

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の主な仕事(食事の介助)

介護福祉士の方は、介護者が一人での食事が困難な際に食事を口に運んであげたりする作業も行う事も多く、食後の口腔ケアなどについても知識がなくてはいけません。

 

また、食事の際の食べ物を飲み込む時に危険がないかどうか、食事の量や食物の大きさなどについてもチェックしていくことになります。

 

人それぞれ食事のスペースも違いますし、噛む力も変わります。

 

そういった方々に対して個々のケアを行っていくことが大切です。

 

何人もの介護者の食事の介助を行わなくてはいけない事も多々ありますので、食事の際は注意深く見守り介助していくことが重要となってきます。

 

あっちにこっちにと歩き回らなくてはいけない事もありますが、目を離す際は必ず他の介護福祉士などに場所を変わってもらうようにしましょう。

 

少しの間だからといって離れた間に何か危険な事があってから後悔しても遅くなってしまうからです。

 

また、食事の介助をする方と同じ目線に座り口の動きなどをよく観察しながら、介助していくことも忘れてはいけません。

 

食事の介助は、楽しい時間となる半面危険なこともたくさんあります。

 

ですので、食事をされる方が気持ちよく食べてもらえるように配慮することや介護福祉士としての知識もかなり必要となってきます。

 

介助者の方が一番楽しみにしているのは食事と言っても言い過ぎではないくらい、食べる事を楽しみにしている人はたくさんいます。

 

また、食事を与えるという意識ではなく楽しく食事をしてもらうためのサポートといったように意識を持っていくと良いかもしれません。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略