介護福祉士の仕事の概略

介護福祉士の仕事の概略

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の仕事の概略

介護福祉士というのは、1人で日常生活を送るのが困難な人を助けるための資格です。

 

それは食事や入浴、そして排泄といった、人間らしい生活をするのに必要なことを介助するためにあると言えます。

 

とくに多いのが高齢者の介護です。

 

特別養護老人ホームやデイサービスセンターといった施設での勤務から、自宅へ訪問するものまで、様々な形で手助けをすることになるのです。

 

また、ただ単に世話をするというだけでなく、その人に自立した生活を送ってもらえるような配慮が大切だとも言えるのです。

 

ですから、介護福祉士というのは、そのための専門的な知識と技術を持った人でないとなれないのです。

 

そこで、国家試験として国から正式に認定される資格となっています。

 

はじまりは1982年に交付された法律で、社会福祉の促進のために定められたものでした。

 

認定を受けるためには、厚生労働省指定の学校を卒業するか、3年以上の実務経験を積んでから試験に合格するかの2つの方法があります。

 

介護福祉士の仕事というのは、前述の施設や訪問先での介助のように、肉体労働であるとも言えます。

 

しかしながら、その社会的な意義は高く、やりがいのある仕事だと考えることもできるのです。

 

誰もが年齢を重ねていけば同じように人の助けが必要になるのです。

 

ですから、自分の肉親と同じように接することが重要になります。

 

まだまだ、人員が必要な業界なので、これから資格を取ろうと考える人にとっては、仕事を得る大きなチャンスだとも言えるでしょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略