介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の主な仕事内容としては、大きく「身体介護」「生活援助」「社会活動支援」と「介護指導」があります。

 

介護される人の症状により介護内容が変わるので、1人1人の症状や行動パターン、考え方など、相手に合わせての介護が大切です。

 

「身体介護」とは、身体的、精神的障害を持つ人の食事、排泄の介助、入浴、衣服の着脱、移動や散歩の介添え、また健康管理などを行うことです。高齢者や障害者などの自宅に出向く場合と、介護施設で介護をする場合があります。

 

介護福祉士ができないこともあり、たとえば「薬を飲ませる 薬を塗布する 血圧を測る 糖尿病のインスリンの注射、痰の吸引」は現状では禁止されています。

 

「痰の吸引」に関しては今後可能になる見込みです。

 

「生活援助」では、家へ訪問して、掃除や洗濯、食事作りや買い物、身の回りの整理整頓などの家事全般の援助を行います。

 

掃除1つでも個人のやり方や習慣があるので、それに合わせていくことが必要です。家族への配慮を含め、訪問する家庭の特徴を把握することが大切です。

 

「介護指導」では、高齢者や障害者などの介護をしている家族に対し、生活、身上、介護方法に関する相談にのり、アドバイスや指導を行います。

 

家族の精神面でのサポートも入ってくるので、コミュニケーション力と、幅広い視野をもつことが求められます。

 

「社会活動支援」というのは、高齢者や障害者と家族との関係や、近隣や地域の住人等とよい対人関係が築けるように支援する仕事です。

 

人間関係でのトラブルは両者への負担が大きく、またスムーズな介護活動にも支障をきたします。

 

人間関係を円滑にし、穏やかな生活が送れるように助言しながら、援助することが介護福祉士の大きな役割でもあるのです。

 

地域で行われる社会活動などにも積極的に参加をする等、生きがいにつながる関係づくりを支援します。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略