介護福祉士の在宅系職場 

介護福祉士の在宅系職場

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の在宅系職場

介護福祉士の職場は、大きく「在宅」と「施設」に分けることができます。

 

施設の運営は社会福祉法人や医療法人、NPO法人、株式会社などいろいろあります。

 

在宅が対象の場合、大きく『訪問系サービス』と『通所系サービス』に分けられます

 

『訪問系サービス』は高齢者のお宅に直接訪問して、介護サービスを行います。

 

具体的な内容としては、高齢者の居宅を訪問して、入浴、排泄、食事、洗濯、掃除等の家事、生活等に関する相談、助言、その他の援助を行う「訪問介護(ホームヘルプサービス)」、自力で入浴できない高齢者宅に専用の浴槽を持ち込み、入浴の介護を行う「訪問入浴」、高齢者世帯などに食事を定期的に宅配する「配食サービス」、公共交通機関を利用して高齢者・障害者を移送する「移送サービス」などがあります。

 

『通所系サービス』では、日帰りで介護や機能訓練を受けさせる等のサービスがあります。

 

具体的な内容としては、老人デイサービスセンター等において生活支援や、機能訓練やレクリエーションなどのサービスを行う「通所介護(デイサービス)」、介護老人保健施設や病院、診療所に通い、理学療法、作業療法、その他必要なリハビリテーションを受ける高齢者等の日常生活援助を行う「通所リハビリテーション」などがあります。

 

他にも、福祉用具のレンタルや販売などを行う「福祉用具販売店」、在宅介護に関する相談を受け、必要な機関との調整を行う「在宅介護支援センター」、介護支援専門員がケアプランを作成し、介護サービス事業者や介護保険施設の紹介等を行う「居宅介護支援事業者」、生活相談や健康相談に応じ、機能回復訓練や教養講座などを実施する「老人福祉センター」のような、総合的な在宅系の相談窓口も、介護福祉士の資格が活かせる職場です。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略