介護福祉士に求められる能力

介護福祉士に求められる能力

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士に求められる能力

介護福祉士にはプロフェッショナルな国家資格者として求められる能力があります。

 

国家試験が介護福祉士に求める適正としては、まず「介護に必要な技術やスキル」が挙げられます。更に「介護知識」「最先端の知識を求める向上心」も重要です。

 

また支援者として「利用者の自立を支援する介護ができること」「介護する相手(利用者)の人権を尊重することができること」が求められます。

 

訪問か施設かでも異なってきますが、訪問の際は、介護対象者だけでなく、そのご家族やご近所との良好な人間関係を守るための「コミュニケーション力」が必須です。

 

施設の場合は、複数の対象への気配りはもとより、医療スタッフおよび、他の介護スタッフと連携して、業務を遂行できる「連携力」「状況判断力」なども介護福祉士の適性です。

 

もちろん、「感情豊かな人間性」や「幅広い教養」など、介護福祉士個人の魅力作りも有意義です。

 

プロとして基本になるのが「介護福祉士自身の健康管理・体力維持」です。これは介護福祉士に限った能力ではありませんが、介護は肉体的にも精神的にも体力が必要です。

 

福祉士自身が不健康では、自立支援の介護や周囲への気配りはできません。

 

今、そういう能力がなくても心配はいりません。

 

国家試験への勉強の中で学んでいくことも多々ありますし、実務を通して自然とアップする能力もあります。

 

相手が機械ではなく生身の人間なので、絶対のマニュアルはなく、難しいことも多いですが、それだけに得られる能力も多岐にわたります。

 

仕事を通じて自分自身も成長していけることが介護福祉士という仕事を続けていく原動力にもなっていくと思います。

 

なにより大切なのは介護福祉士という仕事が好きで、頑張ろうと思う気持ちだといえます。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略