介護福祉士の仕事

介護関係の仕事とは

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の仕事とは

少子高齢化の本格化とともに、今後ますます重要性が高まる介護関係。

 

その中でも最も重要なポジションを担うのが介護福祉士ですが、それ以外にも介護関係の仕事に関わる方法はあります。

 

まず、介護福祉士と並ぶ福祉政策の柱であり、国家資格である「社会福祉士(ソーシャルワーカー)」。身体・精神などの何らかの問題によって、生活困難に直面している人に対して、社会福祉の専門的知識や技術をもって相談に応じ、問題解決に向けて援助する専門職です。

 

障害者や高齢者など、介護福祉士と重なる領域があり、介護福祉士が「介護」という具体的な実務がメインであるのに対し、社会福祉士は相談による、助言や指導、援助がメインというすみ分けがなされています。中には両方の資格を取得する人もいます。

 

また、介護保険サービスのケアプランを立てる「介護支援専門員(ケアマネジャー)」や、介護福祉士予備軍である「訪問介護員(ホームヘルパー)」、福祉用具の販売、貸与を斡旋する「福祉用具専門相談員」、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案する「福祉住環境コーディネーター」なども、介護との関わりが深い仕事といえます。

 

要介護者向けの食事を提供する「介護食士」も、他の介護の資格と一緒に取る人も多い人気の職業です。

 

医師、保険師、看護師、准看護師なども介護に関係する職業ではありますが、介護専任ではないので、区別しておきます。

 

要介護人口の急増とともに、家庭での介護ニーズも一層高まり、1家庭に1人介護資格者が必要とさえいわれる時代。知識として学ぶことも含めて、これからも介護関係のフィールドは広がっていくことが予測されます。

 

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略