介護福祉士の職場

介護福祉士の職場

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の職場

介護へのニーズの増大によって介護福祉士の存在感が高まっています。人手不足ということもあり、優れた人材は引く手もあまたな状況です。

 

では介護福祉士が働く場にはどのような施設があるのでしょうか。

 

まずやはり介護関連の施設。

 

介護福祉士がもっとも必要とされ、力を発揮できる職場です。

 

介護関連施設にもじつにさまざまな種類があり、大きくわけて要介護者が生活する入所型の施設と、通って介護サービスを受ける施設の2種類があります。

 

代表的なところでは特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、ケアハウス、有料老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービス施設、通所リハビリテーション施設、在宅介護支援センター、訪問介護サービス事業所などが挙げられます。

 

最近では入所型と訪問型の両方のサービスを提供する複合型の施設も増えており、幅広い活躍の場が期待されています。

 

それから障害者関連の施設。これも介護福祉士が必要とされる重要な施設です。

 

代表的なところでは身体障害者療護施設、視覚障害者更正施設、聴覚・言語障害者更正施設、知的障害者更正施設などが挙げられます。

 

そのほかには福祉事務所や婦人保護施設、精神障害者社会復帰施設なども挙げられるでしょう。

 

このように、介護福祉士の職場にはさまざまな選択肢があります。それだけ可能性のある資格ともいえるでしょう。

 

今後職場さらに多様化していくことも予想されています。介護の現場で働きたいと思っている場合には自分にあった職場を選ぶことも重要になってくるのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略