介護福祉士の仕事あれこれ

介護福祉士の仕事あれこれ

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の仕事あれこれ

介護福祉士といえば介護の現場で直接要介護者と接し、サービスを行う仕事です。それだけに介護業界の中核となる重要な存在なのですが、では実際にどのような仕事を行うのでしょうか。

 

基本となるのが入浴・食事・排泄の介助です。

 

健康上の理由で一人ではスムーズに日常生活を送れない人に快適なサービスを提供することになります。

 

入浴介助は衛生状態の維持はもちろん、心身ともに快適な状態にし、緊張を和らげる重要な役割となります。

 

入浴介助といっても要介護者の状態によって方法はさまざまで、シャワーのみや車椅子に座ったまま利用できる器具を使用する場合もあります。

 

それから食事の介助。

 

これは単に食事がしやすいようにサポートするだけでなく、できるだけ自分で食べるようにすることや、咀嚼能力を回復するための訓練、口内の清掃なども含めたより総合的な介助となります。

 

あくまで要介護者が食べたい時に、理想的な環境でサービスを提供することが求められます。

 

それから排泄の介助。これはオムツ交換はもちろん、トイレへの移動の手伝いなども含まれます。

 

これも食事同様、本人の自立性を重視したうえで行うことが重要です。とくに介護を受ける人の尊厳にも関わってくる問題ですから、相手の意思を尊重し、緊張させたり、ストレスを溜めさせるような環境を避けたうえで行う必要があるのです。

 

これら介護福祉士の仕事は技術だけでなく相手への思いやり、コミュニケーション能力なども問われます。それだけに非常に難しく、やりがいのある仕事にもなっているのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略