介護福祉士の年収

介護福祉士の年収

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の年収

介護業界の中核を担う存在として注目されている介護福祉士。

 

ニーズの増大や人手不足の影響もあり、就職・転職の選択肢として注目を集めるようになっています。

 

働き口に困らないといわれる資格ですが、待遇面ではどうなっているのでしょうか。

 

介護福祉士の平均年収に関してははっきりとしたデータはなく、判断をするのが難しい面があります。

 

それは介護福祉士の勤め先にはさまざまな選択肢があるなどの理由があります。

 

ただ全体的な平均値としては300万?350万円の範囲が多いといわれています。

 

この数字を高いと見るか低いと見るかは人それぞれの評価となるでしょう。

 

ただ介護福祉士の仕事は非常にハードで、不規則なものになりがちです。

 

人手不足に加え入所型の介護施設なら24時間体制で努めなければならないため夜勤に必要も出てきます。

 

また要介護者の介助などには体力が必要ですし、相手の尊厳に配慮したり、信頼関係を築くためのコミュニケーションが求められるなど心身ともに消耗しやすい職業でもあります。

 

また、年齢の問題もあります。

 

介護福祉士の場合、30代になってから資格を取得して仕事に就くケースも多いもの。

 

働き手は30代後半?40代前半が多いとも言われています。

 

その年齢層で介護福祉士の平均的な年収ではやや厳しいと感じる人も多いと思います。

 

また、介護報酬の減額など介護業界を巡る環境は厳しさを増しており、昇給があまり望めない面もあります。

 

このように、介護福祉士の年収は低いとはいえませんが、人によっては厳しいと感じられるような水準にあります。

 

やりがいを感じられなければ続けられない仕事といえるかもしれません。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略