介護福祉士の就労状況

介護福祉士の就労状況

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の就労状況

介護福祉士にはさまざまな就職先があると言われています。

 

社会福祉関連の施設だけでもじつに多彩な選択肢が用意されています。

 

では実際に介護福祉士の資格を取得した人はどのような就職先を選んでいるのでしょうか。

 

もっとも多い選択肢となっているのは特別養護老人ホーム。全体の3割近くを占めているというデータもあります。

 

真っ先に思い浮かぶ施設であり、またニーズが多いところでもあるのでしょう。年齢別に見ると50代と20代前半に多い傾向が見られます。

 

それから老人デイサービスセンター。

 

この選択肢は40代に多い傾向が見られるのが特徴のひとつです。

 

それから養護老人ホーム。この選択肢はとくに年齢層が高い傾向が見られており、40代後半?50代にかけてがもっとも多くなっています。

 

また年齢層の差が極端に出ているのが軽費老人ホーム。50代の働き手が最も多く、20代が非常に少ない傾向が見られます。

 

また、社会福祉施設以外に勤めるケースも多く、全体の15?20%程度を占めているとも言われています。

 

とくに20代の若い世代にこの選択肢が多く、介護福祉士がより幅広い分野で求められるようになり、選択肢が拡大している傾向を読み取ることが出来ます。

 

こうした就労状況は各施設における介護福祉士への需要のほか、業務内容にも大きく影響してきます。

 

体力が必要なところ、経験やコミュニケーション能力が重要視されるところなど。介護福祉士ひとりひとりの目的や資質に合わせた選択が求められるということなのでしょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略