介護福祉士の雇用形態

介護福祉士の雇用形態

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の雇用形態

高齢化が進むにつれて介護福祉士へのニーズが高まっています。

 

その一方で人手不足や離職率の高さなども問題となっています。これは介護福祉士の雇用形態にも大きな影響を及ぼしています。

 

介護福祉士の雇用形態は正社員のほか、派遣や契約社員、パートなども含まれています。

 

これは雇う側と雇われる側両方の事情があります。雇う側から見ると介護報酬の限界によって必要な正社員を確保することができずにやむを得ず非正規の社員に頼るケースがある点がまずひとつ、それから夜勤が必要な施設の場合、限られた正社員だけでは切り盛りするのが困難でパートなどを雇って補わなければならない点もあります。

 

一方雇われる側としては正社員が理想的なのは言うまでもありませんが、家庭環境などの問題でフルタイム勤めるのが困難というケースもあります。

 

介護福祉士の資格取得の大半が女性で占めていることからも判断できるように、パートタイムという形で働くことを望む人も多いのです。

 

なお、入所型の介護施設ともなると365日、24時間体制が必要になります。

 

そのため土日が休日といった規則的なサイクルを維持することは困難で、シフトを組んで回していくことになります。

 

4週8休が原則となりますが、週によって休日が異なってくる場合がほとんど。また日勤と夜勤が交互に組み込まれるなど不規則な生活になってしまうことも少なくありません。

 

そのためフルタイムでは難しくパートや派遣、契約社員という形を選ぶ人も多いのです。

 

このように、介護福祉士の雇用形態は施設や本人の事情に合わせて雇用形態が選択されている状況なのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略