介護福祉士が活躍する現場

介護福祉士が活躍する現場

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士が活躍する現場

『介護福祉士が働いている現場』と言われて、一番に思い付くのは“老人ホーム”“介護を必要としている人の自宅”という人も少なくないと思います。

 

介護福祉士を必要としている現場は多くあります。老人の介護が一番に浮かびやすいのは、それだけ介護を必要としている高齢者が増えていることが挙げられるでしょう。

 

実際に介護福祉士が働いている現場は、次の通りです。

 

・身体障害者授産施設(雇用が困難とされる身体障害者の職業訓練等を行う施設)

 

・身体障害者福祉ホーム(日常生活が困難な身体障害者が日常生活を送ることが出来るよう、福祉の協力・介護を通じて手助けする施設)

 

・身体障害者療護施設(日常的に介護を必要とする人が適切な医療体制の下、社会的自立を支援する施設)

 

・内部障害者更生施設(内臓関係に障害を持つ人の為の社会的自立を支援する施設)

 

・聴覚・言語障害者更生施設(聴覚・言語障害者が日常生活を送れるよう聴覚・言語の訓練、職業訓練などを行う施設)

 

・視覚障害者更生施設(視覚障害者が日常生活を送れるよう点字などを学びながら訓練する施設)

 

・重度身体障害者更生援護施設(重度の身体障害者が家庭で日常生活を送れるよう訓練する施設)

 

・肢体不自由者更生施設(個人の障害に適した訓練を行い、機能回復を目的とする施設)

 

・老人病棟(老人性慢性疾患の人がいる病棟)

 

・老人短期入所施設(介護を必要とする65歳以上の方が短期間入所する施設)

 

・養護老人ホーム(65歳以上で心身障害や自宅での介護が困難な方の為の施設)

 

・特別養護老人ホーム(65歳以上で重度の心身障害、常時介護を必要とする人の為の施設)

 

・老人福祉センター(地域の老人の健康促進、心の安定などの指導をする施設)

 

・老人保健施設(退院後に自宅での介護が難しい場合、病院と家庭の中間に位置する施設)

 

・訪問看護ステーション(在宅しながら医師の指導の下、医療看護サービスを提供する施設)

 

・在宅介護支援センター(65歳以上の介護を受けている家族からの相談窓口)

 

・デイサービスセンター(日帰りで、食事・入浴等の介護を行う施設)

 

・グループホーム(認知症で要介護と認定された人が入所し介護を受ける施設)

 

などがあります。

 

長期入所・短期入所・日帰り、といった当事者(介護を必要とする人)に合った施設が多く存在します。それぞれの現場で、介護福祉士が活躍しています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略