介護福祉士の給料

介護福祉士の給料

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の給料

介護福祉士は、求人が多い職種です。

 

しかし、一度介護福祉士になったとしても、労働の中身と給料が見合っていない、との理由で離職者が多い職種でもあります。

 

「少ない給料だ」と言われても、実際の給料はどうなっているのか、気になる人が多いでしょう。

 

介護福祉士の働いている現場によっても、多少の格差はあります。平均月給は、約21万円という厚生労働省の発表があります。社会全体の平均月収が、約33万円とされていることからも、介護福祉士の給料は低いということが言えます。

 

実際の例を見てみると、男性40歳の病棟勤務、資格手当、役職手当が付き、年収470万円というデータがあります。

 

40代の平均年収が430万円とされています。男性だけで言うと、同じ40代前半の平均年収は617万円というデータがあります。このデータだけでも、介護福祉士の給料は、世の中の平均を下回っていることが言えます。

 

介護報酬は、3年毎に見直しがされます。

 

しかし、見直しがされたからと言って、実際に給料額に反映される場合は少なく、現場の不満は募る一方で、離職者回避には繋がっていません。非常勤で、パートとして働いた場合は、平均時給は1400円と言われています。

 

この時給は、一般の資格を持たない主婦がパート勤務をした場合より、はるかに上回っています。

 

パートという勤務体系を取っても、仕事内容は楽ではありません。

 

しかし、一家の大黒柱として働くには、平均月収が同年代よりも下回っていることから、不服を感じる人も多く、次のステップに進むか、介護の現場から離れるか、という選択に悩んでいる人は少なくありません。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略