精神保健福祉士とは

精神保健福祉士とは

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

精神保健福祉士とは

介護福祉士のように体が不自由なことから日常生活に支障をきたしてしまい、思うように生活ができない方に対して介助する仕事もあれば、体は不自由ではないものの精神的な部分に障害を負っていることから生活が難しくなっている方もたくさんいます。

 

こういった精神的な障害を持っている方に対して介護するのが「精神福祉士」です。今から十数年前に誕生した資格ですが、仕事自体は昔から行われていました。

 

以前までは、ソーシャルワーカーと呼ばれており今でもソーシャルワーカーという言葉は使われていますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

介護福祉士や社会福祉士と同様、国家資格となっておりますので国家試験を受けないと資格の取得をすることはできません。

 

介護福祉士と同様、4年制の福祉系大学で必要とされているカリキュラムを履修しなければなりません。

 

また、6ヶ月以上はきちんとした職場で実務経験も必要となってきます。

 

精神福祉士は、介護福祉士のように福祉施設に勤務されている方もいますが、医療機関に勤めている方が多いとされています。

 

たとえば、精神科がある病院であったり通所介護型の施設に勤務されている方もいます。

 

場合によっては、ソーシャルワーカーが必要とされている企業などに努めることもあるようです。

 

試験の合格率に関しては、介護福祉士と同じ受験者の5〜6割程度となっていますが、国家資格となっていますので簡単だというわけではありません。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略