社会福祉主事とは

社会福祉主事とは

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

社会福祉主事とは

行政機関で福祉に関連する業務に就く方だけが名乗る事ができるのが「社会福祉主事」です。福祉職につかない限りはこの社会福祉主事と名乗る事ができない、介護福祉士や社会福祉士とは違った内容の資格となっています。

 

また、介護福祉士のように試験に合格すればだれでもなることができるという職種でもありません。

 

社会福祉主事になるには、専門学校や大学、短大などで厚生労働大臣が指定している34科目のうち、3科目以上を履修していなくてはなりません。

 

また、社会福祉主事の資格を取得する方法は何パターンかありますが、どの方法をたどったとしても社会福祉主事と名乗る事ができます。

 

ただし、社会福祉主事は誰でもなれるかと言えば実はそうではありません。

 

大学や専門の学校で必要とされている3科目以上を履修したとしても、行政に勤められるとも限らなければ公務員になれたとしても福祉関連の課に配属されるとも限らないからです。

 

主な職場となるのは社会福祉事務所だったり児童福祉施設、知的障害者施設などがあります。

 

そして、何かしらの要因によって働く事ができなくなってしまった場合などに生活保護について説明をしたり今現在の生活の状況などをするのが主な仕事となってきます。

 

ですから、介護福祉士とは若干違う仕事の内容となってはいますが、困った人たちへのアドバイスなどを行うという点では同じであると言っても良いかもしれません。

 

社会福祉主事も介護福祉士と同じで、今や欠かせない存在となっている事に違いはありません。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略