介護福祉士の類似資格〜社会福祉士とは

介護福祉士の類似資格〜社会福祉士とは

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の類似資格〜社会福祉士

「社会福祉士」は、介護福祉士、精神保健福祉士と並ぶ国家資格で「三福祉士」のひとつです。

 

最近では、「ソーシャルワーカー」という呼称のほうが定着しているかもしれません。

 

法律では「専門知識及び技術を持って、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」と定義されています。

 

簡単にいえば、さまざまな社会福祉サービスや介護サービスについて、相談に応じ、適切なアドバイスやサービスの紹介をする仕事のことです。

 

介護福祉士が介護という実践の場で活躍するための資格であるのに対し、社会福祉士は、おもに対人的な相談援助を行う職種に求められている資格といえます。

 

福祉や介護へのニーズの多様化とともに、サービスも多岐にわたってきています。

 

そのため利用できる制度やサービス、その利用方法が、一般人にわかりにくい側面もあります。

 

公的機関の制度変更や、各種企業の参入によるサービスのバラつきなどもあります。

 

また、利用者自身も高齢化し、サービスを利用したくても、どこにどう頼めばいいのか、わからない、というケースも増えつつあります。

 

社会福祉士は、さまざまな社会福祉サービスを的確に利用できるよう、各専門職との連携をはかりながら、個別のニーズに合わせて、適切な社会福祉サービスのコーディネートを行います。

 

また、利用者の声を聞くことで、必要とされている福祉サービスのニーズを把握し、サービスや制度改善にフィードバックします。

 

社会福祉施設の運営管理や地域福祉計画の策定も、社会福祉士の仕事の範疇となっています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略