ホームヘルパー・介護ヘルパー(訪問介護員)とは

ホームヘルパー・介護ヘルパー(訪問介護員)とは

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ホームヘルパー・介護ヘルパー(訪問介護員)とは

「ホームヘルパー」「介護ヘルパー」は、「訪問介護員」が正式名称ですが、ホームヘルパーという呼び方の方が一般的かもしれません。

 

介護保険法第8条第2項で、介護福祉士と共に介護行為を許された「その他政令(介護保険法施行令)で定める者」に該当します。

 

資格の必要な職業の一つで、都道府県知事の指定する「訪問介護員養成研修」の課程を修了する必要があります。

 

ホームヘルパーは、介護を必要とする人が自立した生活を送れるよう、様々な手助けをします。

 

よく「家政婦」と混同されますが、生活上のお手伝いだけではなく、「その人らしい生き方を手助けするための仕事だといえます。

 

ホームヘルパーの資格には1〜3級まであり、1級取得者は、訪問介護事業所でのサービス提供責任者として、後輩の育成指導や、利用者とヘルパーとのコーディネート等の業務が行えます。

 

2級取得者では、訪問介護での身体介護・家事援助ができ、取得後実務経験が3年以上になると、サービス提供責任者や、老人施設での身体介護できるようになります。3級取得者は、訪問介護において家事援助までとなります。

 

2級以上の資格者があると、家事援助だけでなく、身体介護・移動介助ができるなど仕事の幅が広がります。

 

また、自動的に福祉用具専門相談員になれ、知的障害者専門のガイドヘルパーの資格も付与されるため、2級課程から資格取得する人が多いです。事業者も2級以上の研修を受けた人でないと常勤では採用しないというケースが一般的です。

 

ホームヘルパーの資格から、上位資格である介護福祉士を目指す方も多くいます。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略