福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

福祉用具専門相談員

「福祉用具専門相談員」は、介護が必要な高齢者や障害者に、福祉用具を販売したり貸し出す際に、福祉用具の選び方や使い方についてアドバイスをする専門職です。

 

受験資格も試験もありませんが、厚生労働大臣が指定した「福祉用具専門相談指定講習会」において講義と実習を全40時間受講することが必要です。

 

介護保険制度では、福祉用具の貸し出し・販売は保険給付の対象です。

 

障害者や高齢者が介護保険の制度を利用して福祉用具を使う場合には、福祉用具専門相談員のアドバイスが必要となります。

 

福祉用具専門相談員は、要介護者の病状や障害の度合いを適切に把握し、介護する家族などの心理面やさまざまなニーズや事情もふまえて、両者にとって使いやすい最適な福祉用具を選定し、使い方を説明します。

 

移動リフトや介護ベッド、車イスなど多種多様な福祉用具について、適切なアドバイスができるよう、十分な知識と技能が必要です。

 

福祉用具専門相談指定講習会のカリキュラムは、講習会主催団体で随時受けることができます。

 

「老人保健福祉に関する基礎知識」が2時間、「介護と福祉用具に関する知識」が20時間、「関連領域に関する基礎知識」10時間、「福祉用具の活用に関する実習」が8時間となっています。

 

介護保険制度の導入により、指定福祉用具貸与事業所には、2名以上の福祉用具専門相談員の配置が義務づけられたため、ニーズは今後も高まることが見込まれています。

 

介護福祉士、義肢装具士、保健士、看護師、准看護師、理学療法士、社会福祉士、およびホームヘルパー2級以上の資格取得者等については、講習を受けなくても福祉用具相談員の用件として認められます。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略