福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

福祉住環境コーディネーター

「福祉住環境コーディネーター」は、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するための専門職です。

 

1990年に東京商工会議所が創設した。まだ新しい民間資格です。

 

医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を持ち、高齢者や障害者などの要介護者の住宅改修や福祉用具に関する業務を行うことで、住環境をサポートしていきます。

 

階段の段差につまずいたり、浴室ですべったり、高齢者のケガの多くが、住宅内での事故です。

 

福祉住環境コーディネーターは、要介護者の家に訪問して、日常生活に支障をきたす不便な場所はないか、生活習慣もふまえながら検討し、本人や家族と話し合いながら改善案を提示します。

 

具体的には、建築士やケアマネジャー等の各種専門職と連携をとり、依頼人である高齢者や障害者などの要介護者、もしくはその家族に、適切な住宅改修プランを提示します。また、福祉用具や諸施策情報、福祉の補助金や融資などについても適切なアドバイスを行っていきます。

 

資格には1級から3級まであり、受験資格がないので、誰でも受験することができます。

 

検定試験は年2回(7月と11月頃)実施されます。

 

受験は2級からでも受けられますが、1級は2級に合格しなければ受験できません。

 

3級と2級は同時に受験することも可能です。

 

受験者は現状は、ホームヘルパーや介護支援専門員、介護保険で福祉用具貸与や住宅改修等を行っている事業所の福祉用具専門相談員、リフォーム会社や工務店などの建築士が多く、スキルアップや会社の資格取得勧めによるものが多くなっています。

 

ただし、高齢化とともにその必要性が高まっている資格として注目されています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略