介護食士

介護食士

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護食士

「介護食士」は、厚生労働大臣許可の(社)全国調理職業訓練協会が、介護に携わる方たちの調理技術を向上させる目的で設けた認定資格制度で民間資格です。

 

介護食士とは、要介護者向けに適切な食事を提供するための、専門知識を学んだ人に与えられる資格です。

 

食事は高齢者や障害者にとって、 栄養面でのバランスや健康管理の側面だけでなく、QOL(クォリティ・オブ・ライフ)という面でも、非常に重要な要素です。

 

美味しいものを食べることは、脳に刺激を与え、生きがいにもつながっていきます。

 

ただし高齢になると、歯や唾液の分泌、咀嚼力、消化力など、さまざまな要因で食事にも不具合が生じやすくなります。

 

介護食士には、そうした高齢者の高齢者の肉体面・心理面もふまえながら、安全で、適切で、美味しい食事を提供できる能力が求められます。

 

具体的には、要介護者に対し、一般食並びに特別ケア食を作ることができることや、要介護者の個々の状況・嗜好に合わせて味付けや必要な栄養バランスの補給に対応できることが必要です。

 

また、家庭や個人に合わせた量の調整や、保存関係や衛生面での指導が出できることも大切です。

 

「食」はどんな場面でも登場する生活の基本なので、介護食士が活躍できる場面は多いです。

 

グループホームや、施設、個人宅などで、生活支援の一環として活躍できます。ケアマネジャーやホームヘルパーが取得する価値の高い資格でもあります。

 

「食」のケアに関しては、介護の業務の中でも、遅れをとってきた分野でもあり、今後さらにニーズが増加することが予測されています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略