介護福祉士とホームヘルパーの違い

介護福祉士とホームヘルパーの違い

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士とホームヘルパーの違い

介護の現場で実際に要介護者と接する資格には介護福祉士とホームヘルパーがあります。

 

この2つの資格はよく混同されることもあり、混乱している面もあります。

 

では実際のところどのような違いがあるのでしょうか。

 

簡単に言ってしまえば資格の種類が違う、ということになるでしょう。

 

介護福祉士になるためには厚生労働省が指定した養成施設を修了するか、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。

 

一方ホールヘルパーの場合は各都道府県知事が指定する施設の研修課程を修了することで資格を取得することになります。

 

また、介護福祉士試験では一定の受験資格が設けられている一方でホールヘルパーはレベルによって1?3級の3段階に資格が分かれています。

 

資格の難易度では介護福祉士の方が上となるでしょう。

 

国家資格ということもあり、取得によって介護の専門家としてのお墨付きをもらうことができるのも大きな違いです。

 

その一方でより重い責任と能力が求められることになります。

 

基本的には現場においては介護福祉士がリーダーシップをとり、ホームヘルパーがサポートするという状況になります。

 

ホームヘルパーの資格をステップにして介護福祉士を目指す人も多いようです。

 

なお、介護福祉士はホームヘルパー1級の資格も得ることになります。

 

どちらも介護の現場においてなくてはならない存在ですが、このような違いがあるのです。

 

介護関連の資格を取得しようと思っている人はあらかじめ把握しておくとよいのではないでしょうか。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略