介護福祉士と社会福祉士との違い

介護福祉士と社会福祉士との違い

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士と社会福祉士との違い

福祉関連の資格の中には名称が似ているものも少なくありません。

 

その中でも混同されやすいもののひとつが社会福祉士と介護福祉士です。

 

名称だけでは区別するのが難しいため、違いがよくわからない人も多いのではないでしょうか。

 

どちらも福祉に関わる仕事である点は同じなのですが、どのような仕事を行うのか、どのような仕事場があるのかで異なってきます。

 

社会福祉士は介護を必要とする人たちに対してアドバイスを行ったり、相談を受け付けるといった業務が主な内容となっています。

 

それに対して介護福祉士の場合は相談やアドバイスも行いますが、メインとなるのは介護が必要な人に対して直接行う介護サービスです。

 

つまり、介護を必要とする人と直接接する機会があるかどうかが最大の違いといってよいでしょう。

 

たとえば介護施設に入所する際、家族が手続きや面談をする際に接するのが社会福祉士。

 

実際に入所して要介護者がサービスを受けることになるのが介護福祉士ということになります。

 

そのため、需要は介護福祉士の方が圧倒的に多い状況となっています。

 

介護施設の質は社会福祉士と介護福祉士の連携がうまく取れているかで決まるとも言われています。

 

社会福祉士の適切なアドバイスに基づいて介護の方法を選択し、それに合わせて介護福祉士が最適なサービスを行う。

 

これが理想的な介護環境となっています。それだけにこの2つの資格の違いはしっかりと踏まえておく必要があるでしょう。

 

もちろん、介護・福祉関連の資格を取得しようと考えている人はなおのこと区別が不可欠となります。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略