介護福祉士の資格取得方法

介護福祉士の資格取得方法

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の資格取得方法

介護福祉士国家資格の取得方法は、2010年(平成22年度)現在では、
・実務経験ルート:3年以上介護等の業務に従事した方で介護福祉士国家試験に合格したもの
・福祉系高校ルート:高等学校又は中等教育学校(それぞれ専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目(若しくは科目)及び単位数を修めて卒業した方で介護福祉士国家試験に合格したもの
・養成施設ルート:「高等学校又は中等教育学校卒業以上の方であって、一定の養成施設を卒業したもの
の3つがメインになっています。

 

2007年(平成19年)に「介護福祉士・社会福祉士制度の改正について」という公布がなされ、介護福祉士の資格取得方法が2012年度から改正されることになりました。

 

それによって、養成施設ルートも国家試験に合格しないと資格を取得することはできなくなり、また、実務経験ルートも、実務経験3年で受験資格の取得が可能であった事項が廃止となり、プラスして実務者研修を受講することが義務づけられました。

 

ただしこの改正は、2011年1月20日、当初2012年実施予定だったのを更に3年遅らせ、実施を2015年とすることが検討されています。

 

こうした改正の背景には、施設で無資格で働いている介護労働者を排除したい、厚生労働省の考えがあります。

 

資格のない人が働いているのは、たしかにトラブルの原因ですし、介護人口が増え業界全体で介護福祉士質の向上を目指している中、この動きは当然でもあります。

 

今後は資格取得条件をクリアするための、研修などの支援制度にも期待がかかっています。

 

介護福祉士に90%合格する勉強方法:http://www.kaigofukusisi.com

 

 

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック