介護福祉士・国家試験の出題傾向

介護福祉士・国家試験の出題傾向

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士・国家試験の出題傾向

平成23年度(平成24年1月)の第24回国家試験は、介護福祉士養成施設のカリキュラム変更による、新カリキュラム対応科目による初めての試験です。

 

試験科目そのものが一新されるため、2011年4月現在の段階で出題傾向を述べるのは難しいですが、すでに新カリキュラムの試験が実施された社会福祉士試験での出題内容から立てられた予測では、事例問題の増加が予想されています。

 

これは、社会福祉士国家試験全体に占める事例問題の割合が18%から21%に増えたことに基づきます。

 

また、従来の「1事例に対して3問」という出題形式がなくなり、「1事例1問」の短文事例問題に変わっていることから、介護福祉士国家試験でも問題形式の変更とともに、事例自体が増える可能性が考えられます。

 

試験全体で扱われる事例の数が大幅に増加すると、事例の読解力や把握力、また問題を読み解くスピードが必要になります。

 

これまでも個別の科目については、「ここ3?5年」といった過去問題から出題傾向が分析されてきましたが、第24回に関しては、実際に実施されるまでは、まだまだ未知数といえます。

 

各研究サイトでは、新出題基準に合わせた過去問の仕分けと分析が進められていますので、受験までの間、そうしたサイトをチェックするか、自分で項目整理をする、といった対策が必要です。

 

いずれにしても、「試験科目別出題基準」に掲げられた内容は、介護福祉士に必要とされる知識・技術であり、試験の出題の有無に関わらず、しっかり学習しておくことが大切です。

 

介護福祉士に90%合格する勉強方法:http://www.kaigofukusisi.com

 

 

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック