介護福祉士国家試験の問題の考え方

介護福祉士国家試験の問題の考え方

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士国家試験の問題の考え方

厚生労働省の「社会福祉士及び介護福祉士国家試験の今後の在り方について」では、新カリキュラム試験については、「福祉・介護サービスの提供現場で求められる知識・技術が適切に備わっているかどうかを確認できる内容にしていく必要がある」と指摘しています。

 

具体的には、

 

・単純な知識の想起によって解答できる問題のみならず、設問で与えられた情報を理解・解釈してその結果に基づいて解答する問題や、理解している知識を応用して具体的な問題解決を求める問題を充実させていくこと

 

・一問一答形式の問題に簡潔な状況を付すことにより、状況に応じた判断力を問うことができる問題=「短文事例問題」を出題するとともに、短文事例問題も含め、事例問題の出題数を増加すること

 

・「科目の特性に応じて、単に「○○は○○である」といった事実関係のみに言及する選択枝に留まらず、「○○の状況下において、○○となると、○○となる」といった知識の連続性や状況に応じた知識の活用力を問うことができる選択枝による問題を出題すること

 

の3つがあげられています。

 

また、出題形式については、

 

・国家試験として確認すべき知識が正確に身に付いているかどうかを端的に問うことができること

 

・「AB選択形式」や「○×選択形式」は、正誤の組み合わせから、正しくない枝を推論で除外して正答枝を選択でき、結果としてそれぞれの枝
の正しい理解を問えない場合もあること等から、今後は基本形式を原則とした上で、問題作成上、五枝択一問題とすることに支障が生じる場合には、四枝択一問題や五枝のうち2つの正答枝を選択させる「複数正答選択形式」による問題を出題することを検討する必要がある。

 

と考えられています。

 

・なお、これまでも国家試験の中で出題されている「倫理や理念等に関する問題」についても、引続き充実が見込まれています。

 

介護福祉士に90%合格する勉強方法:http://www.kaigofukusisi.com

 

 

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック