介護福祉士試験の合格基準

介護福祉士試験の合格基準

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士試験の合格基準

介護福祉士試験では一定の合格基準を設けています。

 

50%程度の合格率となっている介護福祉士試験ですが、合格するためにはまず最低限の得点を重ねる必要があるわけです。

 

まず筆記試験。試験では合計120問が出題されますが、1問を1点として計算したうえで全体の60%程度の得点が基準として設けられています。

 

つまり120問の60%、72問が最低ラインということになります。

 

ただし、注意が必要なのは問題の難易度によって得点が補正されることもある点。

 

ですから確実に合格基準をクリアするためにはもう少し高いレベルを求める必要があるかもしれません。

 

もうひとつの基準となるのは各科目で必ず1問は正解していること。

 

つまり全体の得点は60%の基準をクリアしていてもある科目で0点になってしまった場合には合格できないことになります。

 

介護福祉士試験では各科目ごとに出題数が異なっており、少ない科目では4?5問程度の場合もあります。

 

その中から確実に1問は獲得しなければならないのです。

 

なお、実技試験に関しても60%程度の得点が合格基準となっています。

 

このように、介護福祉士試験に合格するためには確実に得点できる得意科目を作ること、それでいて満遍なくすべての科目で得点できることの両方が求められています。

 

科目ごとの出題数が異なるため、重点的に勉強する科目と、ある程度「捨てる」科目を作ることも必要となってくるかもしれません。

 

その場合にもこの合格基準を頭にいれたうえで対策を行っていく必要があるのです。

 

介護福祉士に90%合格する勉強方法:http://www.kaigofukusisi.com

 

 

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック